【変形性膝関節症、腰、股関節、リウマチなど痛みに悩む方へのコラム3】父の膝も短期間で改善しました!

06.10

こんにちは。
お読みいただき、ありがとうございます。

オーソモレキュラー分子整合栄養療法アドバイザーである、永冶ベックマン啓子が変形性膝関節症や変形性関節症、膝、腰、手首、股関節、リウマチなどの痛みに悩む方へ向けた、コラムをご紹介していきたいと思います。

本日は、【コラム3】父の膝も短期間で改善しました。
と題してお送りします。

前回は、私の経験でしたが、今回は父の膝が改善したお話です。

大正4年生まれだった父が84歳の時に、右膝が腫れて熱く動作の度に悲鳴を上げたい程痛み、整形外科や東洋の治療家へと何箇所か通い、痛い所に更に痛い痛み止めや栄養の注射を打ち、マッサージをしましたが、全然改善しませんでした。しかし、年齢の問題ですから様子を見ましょうと専門家に言われ、父がとても不幸な毎日をすごしているのを知りました。

父にマイクロ栄養素を送ると・・・

その時、私がドイツで調査し、これが最高と探し求めて送った関節の為のマイクロ栄養素を日本へ送りました。

父は飲み始めて5日目に「アレッ 何だか痛みの具合が変化した」と感じ、これはもしかしたらと、明るい希望が持てそうで、毎日忘れないように飲み、膝があれ程痛かったのを6ヶ月が終わる頃には殆どまるでウソのように忘れていました。私は父の期待を尽く裏切り、かなり親不孝な娘でしたが、この時だけは本当に親孝行が出来たと嬉しく思いました。

父もとても喜びましたが、ご近所で評判になり、紹介すると、何人か元気になられて感謝もされました。
通常関節は適切な運動と正しい食生活を送っていれば、80年間使えるといいますから、父の生活は大変良いものであったとも考えられます。

私のマイクロ栄養素探求の始まりです

この時から、私はマイクロ栄養素に大きな興味を持ち、当時ハンブルグの製造会社のベルネイ社長に連絡を取り、毎年春と秋に南ドイツでも開催される「正常分子矯正医学-栄養学の数日間のセミナー」に参加しています。
毎年自然医学の医師のみならず、西洋医学の医師、またカイロプラクティカーの方達のマイクロ栄養素への興味が大変大きくなっているのを感じます。

通訳として膝の痛む患者さんを市内の有名な整形外科クリニックへお連れした際にも、患者さんがプライベイトの保険をお持ちで、こちらのクリニックの部長先生が新しい治療法をご存知でしたので、このサプリの処方箋が出たのでした。

次回は、私が大きな興味を持った、新しい分子/オーソモレキュラー栄養療法に欠かせない人物についてお話いたします。

========================================

変形性膝関節症や変形性関節症、膝、腰、手首、股関節、リウマチなどの痛みに悩む方へ
ご相談や質問などお気軽にお問い合わせください。
サプリについてお困りのことがあれば無料で相談をお受けいたします。

変形性膝関節症や変形性関節症、膝、腰、手首、股関節、リウマチなどの痛みに悩んでいた方がマイクロ栄養素を飲んでどのように変化があったのか。
「2週間で効果を感じることができました」「1か月半で実感できました」「手術を回避することができました」など、嬉しいお声をいただいていおります。その他のお客様の声もぜひご覧ください。

========================================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

   
ページ上部へ戻る