食べても良い食用油、食べてはいけない食用油

04.28

こんにちは。
ドイツサプリナビ事務局です。

ドイツサプリナビは、
変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節や骨の痛み・病気の悩みをお持ちの方や、
毎日を健康に送りたいという方たちのために、作りました。
世界一厳しいドイツの薬事法をクリアしたサプリメントをご紹介していますが、代表者の永谷は、
登録していただいた方に、定期的にメルマガも発行しています。

こちらのメルマガは、変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節の骨の痛みや病気に
悩む方たちのためだけでなく、健康に年を取りたいと考える全ての皆さまの毎日の健康に、
お役に立つ情報を発信しています。

登録していただいた方たちだけでなく、皆様にも知ってもらいたいので、
過去のメルマガをブログでも共有させていただきます。

今回は「食べても良い食用油、食べてはいけない食用油」
***************************************************************
こんにちは。

北国のミュンヘンでも 
クロッカスや雪の鈴がたくさん咲いていて、
先日は気温20℃になりました。

しかし、この2、3日は雪や霰、
霙が降るほど冷えています。

あんなに嬉しそうに咲いていたお花達が、
しっかりと蕾を閉じて寒さに耐えて
身を守っています。

いじらしく、また強く、北国のお花も
自然の厳しさに油断出来ませんから大変です。

でも、少し我慢すれば、
また太陽の明るい日が差し込むことも
知っているのでしょう。

■日本人が取ることが多いオイルの種類とその危険性

さて、みなさんのお台所には、
どんな食用油があるのでしょうか?
遺伝子組み換えのキャノーラ油/菜種油は
安全性に疑問があり食用には向かなく、
工業用のオイルであることは以前書きました。

しかし、日本人1人が取るオイルの量は、
年間平均約13リットルという統計があります。
—————————————————
1位 キャノーラ油 44%、
2位 パーム油 28%
(アブラ椰子油、昔はソープの原料でしたが、
今年間約4kgも取っています)
3位 大豆油
(殆どが遺伝子組み換え大豆)
—————————————————

で、全体の89%を占めているそうです。

常温で固まる特徴を持つのが飽和脂肪酸で、
オメガ6が多く食べ過ぎますと
中性脂肪や悪玉コレステロールを増やし、
高脂血症や動脈硬化の危険性、
炎症(関節炎も)が出てきます。
(動物性では、バター、ラード、牛や豚の脂肪です。)

パーム油は、飽和脂肪酸の
パルミチン酸とオイレン酸が主成分ですが、

ファーストフードのポテト、
外食の豚カツなどの揚げ物、
ドーナッツなどの揚げお菓子、
クッキーやカップ麺

などに使われています。

加工品に多く使われて
大腸がんや糖尿病のリスクがあります。

大豆油は、生産過程で高温処理しますので、
神経毒のヒドロキシノネナールが、
認知症の原因となることが
知られています。

よく似たココナッツオイルは、
飽和脂肪酸が多いのですが、
ラウリン酸やミリスチン酸が主成分となります。

その他の
————
ごま油
亜麻仁油
オリーブ油
————
などが残りのわずか11%となります。

サラダドレッシングなどに使われています。
サラダ油とは、菜種油と大豆油を主に使う
混合油です。

ヘルシーと思われがちな植物性オイルが
必ずしも安全ではなく、
実に不健康なオイルであり、
加熱しますと更に良くないのですが、
日本に今病気が蔓延している理由が
ここにもあります。

●健康に良いと思われがちな植物性オイルを食べ続けると・・・

植物オイルを食べても直には、
体に悪いという症状がでないのですが、
毎日食べて蓄積しますと、
xxxxxxxxxxx
アトピー、
花粉症、
糖尿病や高血圧、
心臓病、
ガン、
うつ、
認知症
xxxxxxxxxxx
を引き起こす
大きな原因になっています。

●本当に体に大切なオイルは・・・

一方、不飽和脂肪酸は、
オメガ3が多い
==================================
魚類やオリーブ油、
ゴマ油、シソ油、グレープシード油、
亜麻仁油、えごま油、ヘンプ油などの
植物油に多く含まれている脂質
==================================
です。

常温で固まりにくく体内でサラサラの液体である
というのが特徴であり、

***************************************
血中の中性脂肪やコレステロール値を
調節する働きがあるといわれていますので、
大切なオイルです。
***************************************

魚は冷たい水の中にいるのに、
血液がサラサラですが、食べても体内で固まらず、
お肉よりお魚の方が健康と言われる
所以です。

■健康を破壊する「悪魔の油」

そして「悪魔の油」「狂った油」「危険な油」と
おどろおどろしく表現されるのが、
本当に体を“油病“にさせ
健康を破壊させる毒性のある
===============
トランス脂肪酸
===============
です。

植物オイルに水素を添加して
固形化させる過程で製造される物質の事で、
保存し易くなります。

しかし、自然界には存在しない
プラスチックによく似た物質です。

マーガリン、ショートニング(スナック菓子、クリーム類)に
トランス脂肪酸は多いのですが、
変異性、蓄積性の性格を持ち、
xxxxxxxxxxx
記憶障害、
心臓病、
糖尿病、
脳梗塞、
アトピー、
男女共に不妊症、
肥満、
カンジタ症、
慢性疲労、
リウマチ性関節炎
xxxxxxxxxxx
などの
原因になります。

WHOでも その危険性を伝え、
2018年6月からはアメリカの政府機関FDAは
全面的に使用発売禁止にするとの事です。

本当に質の良いコールドプレスのオイルを
(通常お値段も高いですが)、
加熱しないで少しだけ使い食べ、
お菓子は和菓子の手作りがいいですね。

サラダのドレッシングも
ご自分で作るのが賢いと思います。

食べるものがよく変化すれば、
あなたの健康もよく変化します。
***************************************************************
疑問や質問などございましたら、何でもお気軽にお問合せください。
あなたにぴったりのサプリメントもご案内します。

次回もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

   
ページ上部へ戻る