身近な亜硝酸ナトリウム。摂り続けると・・・

04.25

こんにちは。
ドイツサプリナビ事務局です。

ドイツサプリナビは、
変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節や骨の痛み・病気の悩みをお持ちの方や、
毎日を健康に送りたいという方たちのために、作りました。
世界一厳しいドイツの薬事法をクリアしたサプリメントをご紹介していますが、代表者の永谷は、
登録していただいた方に、定期的にメルマガも発行しています。

こちらのメルマガは、変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節の骨の痛みや病気に
悩む方たちのためだけでなく、健康に年を取りたいと考える全ての皆さまの毎日の健康に、
お役に立つ情報を発信しています。

登録していただいた方たちだけでなく、皆様にも知ってもらいたいので、
過去のメルマガをブログでも共有させていただきます。

今回は「身近な亜硝酸ナトリウム。摂り続けると・・・」
***************************************************************
こんにちは。

本年も残り少なくなりましたね。

ドイツは年最大のクリスマスの行事前4週間は
アドヴェントと言いまして準備期間となり、
クリスマス市がどの町も村も賑やかです。

プレゼントをもらえるのは、
このクリスマスと誕生日だけですから、
プレゼントを探すわけです。

クリスマスは家族のお祭で、
心静かにお祝いします。

家庭では、リースに蝋燭を4本立ててかざり、
日曜日ごとに1本づつ火を灯し、
クリスマスには4本ですが、
冬至の暗い時期を蝋燭の火で明るくします。

クリスマスツリーは24日の午前中に飾り、
翌年1月6日 (三聖人の日)が終りますと、
片付けます。

■日本で使用される添加物は819種類!                                                             

今、日本は忘年会、クリスマスパーティ
(キリスト教信者は1%と言う日本で不思議ですが)
大晦日、そしてお正月の準備で、
様々な美味しそうな食品やお料理が
市場に豊富に出回る季節ですね。

日本では食品添加物が819種類と
異様に多く使用されている事を
ご存知でしょうか? 

外国では禁止されている物も
いまだ許可されているのが
使用されているというGMO食品と共に
実に怖い一面があります。

■最も危険な亜硝酸ナトリウムが含まれている食品

本日は危険な食品添加物の中でも、
最も危険な部類に属するともいわれます、
亜硝酸ナトリウムのお話です。

既にご存知の方も多いと思います。

亜硝酸ナトリウムは
発色剤と呼ばれますが、
食品の黒ずみを防ぎ食欲をそそる
新鮮で綺麗で美味しそうに見える
ピンク色をつける目的で使われます。

—————————————————-
主に市販のハム・ベーコン・ソーセージ・
魚肉ソーセージ、サラミ、コンビーフなどの加工肉や
イクラやタラコ、明太子、かまぼこ、サーモンなどの
魚卵系の加工品に使われています。
—————————————————-

こういうものを食べますと、

=========================================
含まれている亜硝酸ナトリウムが
肉や魚に含まれますアミノ酸と反応し、
強い発ガン性物質ニトロソアミンを作ります。
=========================================

無添加ハムに使われている物は、
豚肉、粗塩、三温糖、香辛料ですが、
一般の工場生産の安いハムは何と
******
14種類
******
くらいの添加物が
使用されています。

一般の安い明太子には、
なんと
******
20種類
******
くらいの添加物が
使用されています。

発色剤の亜硝酸ナトリウム(ソーダ)や
硝酸カリウムは薬品としましては、
毒物及び劇物取り締まり法で
劇物に指定されています。

中毒例を元に致死量を推定計算しますと、
2,0グラムとなります。

■最も危険な亜硝酸ナトリウムの害

毒性は非常に強力で、
沢山食べた場合は急性中毒症状として
・頭痛
・嘔吐
・チアノーゼ、
・意識障害
・痙攣
・動悸
・血圧降下
が出ることが有るほどです。

慢性的に摂り続けると
発がん性の危険が極めて高くなります。

日本人に消化器系のガンが多いのは、
GMO 食品と多くの添加物の
このあたりに明らかに原因が
あるかもしれませんね。

医師達は食品に注意するようにと
アドヴァイスをしているのでしょうか?

食肉、食魚の加工品の腐敗や変質を防止する為に、
発食剤と一緒に保存料が使われていますが、
同時摂取で胎児の奇形異常、染色体異常、
遺伝子損傷性、変異原性、死産の原因、
妊娠率の低下、発ガン性リスクが
高まるといわれます。

保存料など添加物が多いのは、
・たくあんなど漬物
・コンビに弁当
・コンビニ食品
・コンビニおむすび
などがあります。

これから母親になる若い女性、
妊娠中の女性、小さいお子さんには
決して食べさせてはいけない食品です。

悲劇を防ぐ為に神経質になって、
食品の成分表を必ずご確認ください。

大人でも何もこういうものを
あえて食べたくないですね。

■最も危険な亜硝酸ナトリウムの表示

表示は発色剤(亜硝酸Na, 硝酸K)
他に、赤色2号 合成着色料、(赤2)、
赤色106(アシッドレッド)
表示は(赤106)、(赤色106号)。

保存料は、ソルビン酸(難溶性)、
ソルビン酸カリウム(水溶性)、
他にパラオキシ安息香酸イソブチル、
パラヒドロキシン安息香酸イソブチル

など。

本当に安心できる良い食材を探して、
ご自分で料理なさり、
不純物の無い本当に良い物を
少し召し上がられる事を
お薦めいたします。
***************************************************************
疑問や質問などございましたら、何でもお気軽にお問合せください。
あなたにぴったりのサプリメントもご案内します。

次回もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

   
ページ上部へ戻る