日本の食生活の危険な変化

04.18

ドイツサプリナビ事務局です。

ドイツサプリナビは、
変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節や骨の痛みや病気の悩みや、
毎日を健康に送りたいと思う人たちのために、世界一厳しいドイツの薬事法をクリアした
製品をご紹介しているサイトですが、代表者の永谷は、定期的にメルマガも発行しています。

こちらのメルマガは、変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節の骨の痛みや病気に
悩む人たちのためだけでなく、健康に年を取りたいと考える全ての皆さまの毎日の健康に、
お役に立つ情報を発信していますので、
過去のメルマガをブログでも共有させていただきます。

今回は「日本の食生活の危険な変化」
***************************************************************
こんにちは、
ミュンヘンの永冶です。

ドイツは、
ホワイトアスパラガスの美味しいシーズンに
なりまして、新鮮な健康そうなものが
屋台で山積みされて売られています。

天気の良い日は、
1日で何と6~7cmも伸びるそうです。

新鮮な日本の竹の子が
食べられなくて残念でしたが、
アスパラは白も緑も
惜しみなく料理できます。 

この季節は幸せ感が得られます。

販売できるのが
6月の確か24日くらいまでと、
決められています。

■「今」食べている物と「昔」食べていたもの

さて日本では、
お買い物にスーパーにいかれますと、

一体何を食べればいいのか、
何を買えばいいのか、
何を買うべきでないか

本当に悩み考えますね。

今まで食べていたものが
本当に危険なもので、
何らかの健康障害が
もし出ているとすれば、
本当に解毒の方法と、
健康食品と料理の勉強を、
しなくてはなりませんね。

80歳前の関節や骨の問題も
その1つになります。

考えてみれば、伝統的な和食が、
ユネスコ無形文化遺産に
登録されました。

ですから、問題が多過ぎます
欧米型の食生活スタイルから
従来の素晴らしい、四季豊かな和食文化を
見直して以前に戻ればよいわけですね。

■日本人の食生活の変化の理由

日本人の食生活が、大幅に変化したのは
敗戦後からですが、それには訳があります。

日本が自衛戦争に負けた事は、
本当に悔しい情けない事だと思います。

第二次世界大戦後、
アメリカは日本兵の強靭な戦闘魂に
膝が崩れ落ち、肝がつぶれるような
恐怖感のショックを覚えました。

あの神風突攻隊の秘密は
どこにあるのか
米兵達は本当に
カルチャーショックで驚きました。

全てのカラー民族は
優生学的にみても白人より劣ると
傲慢に考えていた彼らは、
日本と日本人を様々な面から
研究し始めました。

そして黄色いサルと考えていたのに、
日本には2600年の歴史があり、
高い精神性や文化、歴史、道徳があるなど
驚きの恐ろしい事実が
次々と明るみに出てきます。

武道や7000冊の書物を焚書禁止にしたり、
スポーツ、スクリーン、セックスに
そしてパチンコに溺れさせ、
事実や本当の歴史に関心を持たせないように、
様々な日本人劣化政策が
展開されていくわけです。 

敗戦国のドイツ然りでした。

しかし、身長160cm 体重60キロほどで
筋肉モリモリでもない、
ひ弱な肉体に見える日本兵士達は、
体重の半分30キロほどの荷物を背負い、
さらに重い銃を持ち、20キロと行進できます。

=======================================
その体力と精神力の秘密が何処に有るのか
=======================================
米兵達は本当に驚きました。

 
ある日本の兵士の手記に

「三八式歩兵銃を担いで、背嚢しょって、
前に40発、後ろに80発の弾丸下げて
手榴弾持って、行軍終えて荷物を下ろした時には
腰にこすれてそれこそ血だらけです。」

というのがありました。

頭の良いアメリカ人が
ある事に思いを馳せます。

日本人が何を食べているか、
良く調べてみますと、

多くの御飯、味噌汁、魚類、野菜の煮物和え物、漬物等

ですが、もしかしたら水田の土壌と海に
その秘訣があるかも知れないと推察しました。

日本の田畑の500箇所の土壌を
本国に持ち帰り、化学分析させました。

————————————-
案の定この土壌は、植物が必要とする
ミネラルが全て豊富で、汚染無く、
恐ろしく優れて素晴らしいものでした。
————————————-

そして、これが優秀な日本人の主因だと突き止めました。

人は何を食べるか、何を飲むかで決まります。

それは同時に、何を食べないか、
何を飲まないかということに繋がります。

戦後処理で日本人の劣化弱体化の為には、

第一に農薬、化学肥料で土壌汚染を起こし、
太平洋側に化学コンビナートを4箇所作り
海洋汚染させることだと、

結論が出たそうです。

この話は通訳の仕事の折に知りました
ある高名な、シアノバクテリア農法改革に関係す
る日本の某大学教授から聞いたものです。

どうでしょうか、
現実に日本はそうなっていないでしょうか?

■日本の現実

園芸店の表に、猛毒の農薬ラウンドプツプが
並べられています。

国産の野菜なども、食品成分表は、
書き変える必要が有るほど、
栄養価が半減し、味も
変わってしまいました。

そこに更に、放射線汚染までも起こされて、
中国や韓国からは海からと空から、
毒物が日本に届いてしまいます。

しかし、原因に気がつけば、
努力する対策案は必ずあります。

スタップ細胞もあります。

土壌改善の技術はありますし、
放射能汚染を除去する技術も
日本人の博士が持っていますし、
賢い日本の食品生産者を
応援したいものです。

日本人の4人に1人がガンになり、
5人に1人が認知症になると

予想されていますが、

マスコミの嘘の多い情報や
プロパガンダ宣伝、医療機関の言う事を
素直に疑うことなく信じて
化学薬品等を飲んでいたならば、

確かに毒物が蓄積して
複雑な化学反応を体内で起こすことは
目に見えています。

そして、
自由に人生を楽しむ予定の年金が
医療費に消えてしまい、
老後破産をきたすのが、
プログラムされているのは
もう目に見えるようです。

そう思われませんか? 

気付きがあれば、目覚める事ができます。

***************************************************************
疑問や質問などございましたら、何でもお気軽にお問合せください。
あなたにぴったりのサプリメントもご案内します。

次回もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

   
ページ上部へ戻る