デトックス 社会毒素の出し方

04.10

こんにちは。
ドイツサプリナビ事務局です。

ドイツサプリナビは、
変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節や骨の痛み・病気の悩みをお持ちの方や、
毎日を健康に送りたいという方たちのために、作りました。
世界一厳しいドイツの薬事法をクリアしたサプリメントをご紹介していますが、代表者の永谷は、
登録していただいた方に、定期的にメルマガも発行しています。

こちらのメルマガは、変形性膝関節症・変形性関節症・リウマチなど関節の骨の痛みや病気に
悩む方たちのためだけでなく、健康に年を取りたいと考える全ての皆さまの毎日の健康に、
お役に立つ情報を発信しています。

登録していただいた方たちだけでなく、皆様にも知ってもらいたいので、
過去のメルマガをブログでも共有させていただきます。

今回は「デトックス 社会毒素の出し方」
***************************************************************
■日本の汚染された食糧事情

南極の氷から、
そして海の魚からも
水銀や鉛などの重金属がみつかり、
地球は
・化学肥料
・農薬
・殺虫剤
・除草剤
で土壌も、
・工場の排気ガスや粉塵
・pm25、
・過度の放射線
で空気も水も
汚染されてしまいました。

質の悪い食品も遺伝子操作された
(小麦、とうもろこし、大豆、お米)上に
更に汚染させた(ジャンクフード)
食品が多い日本の現状は、

特に
ヨーロツパ最大のオーガニックの
スーパーマケット・チェーン店があるミュンヘン、
遺伝子操作の食品を入れないドイツ
から見ますと私は正直
日本の食糧事情に青ざめます。

そして体に消してよくない牛乳や小麦製品、
遺伝子操作された飼料を与え
ホルモンや抗生物質たっぷりで
育てられた動物のお肉、

老後の健康や子孫の事を考えますと
本等に怖い嘆かわしい状態になっています。

衣、食、住の3方面から、
有害なものが体全体の皮膚(特に頭皮)や
呼吸、口を通して体に入り込みます。

体に入って、
——————————-
特に重金属や化学薬品農薬などは
脂溶性ですから体脂肪に溶けて
蓄積しますので、複雑に
健康が犯されてしまいます。
——————————-

■将来の健康のために明日からできる予防法

予防としましては、兎に角

・農薬や殺虫剤、除草剤で汚染された食品
・添加物(保存料、着色料、化学調味料、砂糖、
質の悪い植物油やマーガリンなど)の多い食品
・遺伝子操作された食品

を食べないという事です。

食べざるを得ない時は、
=====================================
アロエベラなどの植物性の
野菜果物洗浄液
(大抵は食器洗いや家事にも使えます)
を水に溶かし5分浸しておき、
それから良く洗ってお食べ下さい。
=====================================

○欧米と比べた日本の現状

欧米と比べましても日本の添加物と
農薬の使用量、遺伝子操作された食品の数
は驚く程著しく多くなっています。

これでは高齢になりますと、
認知症やガンが増え、
アレルギーや糖尿病、
心臓病が日本の国民病の如く、
寝たきり老人が多いのも医療費が増えるのも
当たり前だと思います。

子供や若者、働き盛りの人達が
なぜか可笑しいのも、
ここの原因があるのではないでしょうか?

○安全なものを探す努力を

とにかく毒性と副作用のある化学薬品は
極力使わない、また歯磨き、
シャンプー、ソープ、化粧品、
下着や衣服、住居 の建材や家や浴室、
トイレの掃除などにも化学薬品が使用
されていない

————————–
自然の安全なものを探す努力
————————–

をするべきだと思います。

重曹やお酢、レモン などを
有効に家事にも使う生活の知恵が
大切です。

白い麻薬とさえ言われます砂糖、
アスパルテームなど人工甘味料は
危険です。

国産での安全な遺伝子操作されていない
有機栽培の食品を増やすしか
ないわけですが、外食もします。

現実問題として
体にこれらの社会毒を入れない
というのは不可能に近いわけ
ですね。

土地をお持ちの方は、
自分で安全な食品をお作りください。

■入ってしまった毒素を出す方法

それでは、
————————————–
一度体に入ってしまった毒素を
出すには、つまりデトックスには
どのような方法が何処にあるでしょうか? 
————————————–

体の中の毒素の75%は大便から排泄され、
20%が尿、3%が汗、1%が爪、
1%が髪の毛から体外に出す
ことが出来ます。

○起床後30分以内のコップ1杯の水

まず腸をきれいにして
バクテリアの環境を整え
酵素を製造させることです。

そのために、
起床後30分以内に
良い生水をコップ1杯
飲んでください。

朝起きた直後は、
胃腸もまだ目覚めずボーと
していますから、飲んだ水は
途中であまり吸収されること無く
直腸まで流れまして、
解毒が上手く行きます。

便秘は危険ですから、
気をつけてください。

腸は第2の脳ともいわれまして、
大変重要な器官です。

○少食を心がける

そして、食べ過ぎますと
腐敗がおきますから、
少食をおすすめします。

○セレン製剤を飲む

一番怖い鉛、水銀、カドミウム、
アルミニウムなどの重金属の場合は、
シリーズの中のセレンの製剤を
おすすめします。

○プチ断食、断食

そして体脂肪に溶け
て蓄積している毒物は、
プチ断食、3日間の断食、
それ以上長くする方は
専門科のアドヴァイスを得て、
脂肪を燃やしてケトン体に変えて
減量を真剣に行うことです。

○十分なビタミンCの摂取

ビタミンCも放射能にも
対応しますから、
不足しないように
心がけてください。

○品質の良いキトサン

キトサンも品質が様々ですが、
良い物は期待できます。

○一日4~5回の水摂取

一日4~5回は
良い塩素の入らない生水を
飲んでください。

○発汗を促す

サウナ、岩盤浴、お風呂、
スポーツなどで汗を沢山
かいてください。

○下半身を温める

また特に下半身を温めて
酵素食品をとり代謝を
あげてください。

○おすすめの食材

食品では 、玄米、梅干、
糠漬けのおつけもの、しいたけ、
にんにく、玉ねぎ、ごぼう
納豆、根菜類、各種ハーブ、
はと麦、どくだみ茶、緑茶、
スギナ茶、
等です。
***************************************************************
疑問や質問などございましたら、何でもお気軽にお問合せください。
あなたにぴったりのサプリメントもご案内します。

次回もお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

   
ページ上部へ戻る